Hand Made Lure


月別_2008年07月
01 12 09 08 07 06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナチュラル系カラーを作製してみました

今回は、スプーンタイプのNEWカラーを作製しましたのでご紹介します♪

まずは写真からどうぞ (^ ^)/


スプーン ナチュラルカラー


【ベース/迷彩色】
NO.1> ブラウン/カーキ&ブラック
NO.2> ブルー/ブラウン&シルバー
NO.3> グリーン/カーキ&ブラウン
NO.4> シルバー/ピンク&ブラウン
NO.5> ブラック/カーキ&ブラウン


今回のカラー選定は、水質クリアーなポンドでも対応できるような

自然迷彩柄をつくってみようということで作製してみました。


水質クリアーな場所の王道といえば、

やはりブルーとシルバーですよね(自論)♪


クリアーな水質のポンドでアクティブカラー(蛍光色等)を多用してしまうと

どうも安定さを欠いているような気がして・・・


実際はカラーよりも実際のルアー形状がどのような動きを取るかが重要と思いますが、

色の占める割合もやはり大きいように感じます。


特に、私のこれまでの経験上、一番用途が広いのはシルバーだと思いますよ!

管理釣り場はもちろん、渓流などの自然界でも高い釣果をもたらしてくれるカラーですよね。

シルバーは、周りの色彩を映し出して保護色的な要素が強いように思いますし、

光を反射してくれるのでキラキラと強烈なアピールもしてくれますものね♪


特に管理釣り場などでは、夕刻にシルバーを多用することが多いような気がします。


ブラウンやグリーン、ブラックは言わずと知れた定番カラーですから、

使いやすさと釣果の安定性はすでに実証されたも同然ですよね (^@^)



あ・・・ちなみに、こちらのルアーの裏面は次のようになっています。


スプーン 両面


ブラウンがベースカラーのものだけ裏面がブラックになっていて、

その他はすべてブラウンで統一してみました。

こちらの釣果はまだ確認できていませんが、

釣果がありましたらまたこちらで紹介しますのご期待ください (^ ^)♪


*************************************

釣り情報満載の釣りブログ村に参加しています。
釣り情報をお探しの方は見てみてくださいね (^@^)♪

ここをポチっとどうぞ !(^^)!
      ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

**************************************

暑い日が続いていますね…

いやー、本当に暑い暑い暑い・・・

夏ってこんなに暑かったんでしたっけ!?

ひと冬越すと夏の暑さは体からリセットされるらしく、

毎年夏になる度に、日本の夏の過酷さを思い知らされてます(* *!)

みなさんも釣行に出向いた時には、

釣りに夢中になりすぎて、熱中症にかからないように気をつけてくださいね。

こまめな水分とミネラルの補給が大切です。


さて、暑さを実感するにはこのくらいにして、

先日群馬県は沼田市にスティックベイトのウエイト変更Ver.の試釣に行ってきました(^@^)♪

天候は青い空に太陽が輝く絶好の釣り日和、

ちょっと前日の夕立ちのせいか、ポンドには濁りがはいっていました。


水温はさほど上昇しておらず、

コンディションはまあまあといったところでしょうかね。


早速ウエイトアップさせたスティックベイトの試釣を開始!!



・・・


・・・


ん?・・・


反応がない (。 。!)



ウエイトのバランスがイマイチなのかなと思い、

ノーマルVer.に変更。


当たりこそあるものの、フッキングができません。


そこで、いつも愛用しているアルフレッド 2.7g 深緑色で

ポンドの様子を探ろうと表層からボトムまで丁寧に探っていきます。


でも、釣れない・・・


休憩ついでにオーナーに最近の状況を聞いたところ、

気温上昇と濁りによって、トラウトのテンションが激落ちぎみとのこと。


やっぱり夏はトラウトにとっては本当に厳しいシーズンなんですね。


オーナーいわく、

「流れ込みに焦点を絞るべし!!」


やっぱり夏は流れ込みが絶好のポイントということで、

流れ込み付近に移動してスティックベイトのノーマルVer.でリトライ (~@~)/


やっとのことでファーストフィッシュをゲットできました♪

45cmUPの良型のレインボーが釣れました。


200806011204000.jpg


ちなみにヒットルアーはこちらです


スティック単品
スティックベイト(レギュラーVer.)
長さ: 7.5cm
重量: 1.2g
カラー: 蛍光イエロー/ブラック



ヒットパターンは、着水後カウント3で表層を超遅まき。

流れ込み付近でちょっと流れがありルアーが浮気味でしたが、

バイトを誘うことができました。


トライのために持ってきたウエイトアップVer.ですが、

釣果を上げることこそできませんでいたが、

針側の方のウエイトを若干上げてみたところ、

流れのあるところでもルアーがうわずらないで

針先を斜め下向きに維持した状態でトレースできることがわかりました。


ウェイトをあげると沈下速度が速まり、

遅まきしにくくなってしまうのではという懸念がありましたが、

今回トライしたウェイトの範囲であれば問題なさそうです (^ ^)/


飛距離はこのわずかなウェイトの違いでかなりアップしましたよ♪


今回の試釣は試作品第一弾のトライ。

今回の実釣で改良点を幾つか発見できましたので、

次回こそは釣果を上げられるよう改良を重ねます!!


ウェイトアップVer.が完成したあかつきには、

釣果とともにルアーを発表できるとおもいますので、

どうぞご期待下さいね♪



*************************************

釣り情報満載の釣りブログ村に参加しています。
釣り情報をお探しの方は見てみてくださいね (^@^)♪

ここをポチっとどうぞ !(^^)!
      ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

**************************************

スティックベイト-ペレットのカラーバリエーションが揃いました

スティックベイト-ペレットのカラーバリエーションが揃いました♪

今回採用したのは、トライアルで釣果の高かった

蛍光色をメインとしたアクティブカラーのラインナップです。


まずは写真をごらんください (^ ^)/~~~

スティックベイト-ペレット


カラーは左側から


・ 蛍光グリーン&クラウン

・ 蛍光レッド&ブラウン

・ 蛍光ピンク&ブラウン

・ 蛍光イエロー&ブラウン

・ 蛍光オレンジ&ブラウン


の計5色のラインナップです!!


こちらのルアーの使用方法は、

重量が1.5gでかなり飛距離が出やすくなっていますので、

やっぱり沖合めがけてフルキャストしていただきたいですね。


そして、捲きでヒットさせるというよりも

沈下速度が速いためボトムに一旦沈めてから

ゆっくりと捲きながらチョンチョンと若干のアクションを加えて

いただければよいと思います。


こちらのルアーには、リップが付いていないため、

アクションを加えるとかなり不規則な動きをします。

これがトラウトの興味を引くらしく、

特に駆け上がり付近に差し掛かったところでの

アタリが多かったです。


しかし、よりペレットを意識させるのであれば、

もっと沈下スピードを遅くしないといけないかもしれません・・・

当面はそれが改良の課題となりそうです (* *!)


まあ、今回の最大の目的は小型のルアーを遠投できるようにすることでしたし、

ボトムでの釣りに大いに活用できますので、

まずは目標達成というところでしょうかね。


今後は、表層をターゲットとしたペレットタイプのルアー製作にも

トライしてみたいと思います♪

釣果速報第3弾 - 見事なレインボー上がりましたよ!

千葉県在住のY.S.様より、見事なレインボウの釣果報告が届きました (^ @^)/♪

まずは釣果写真とデータからどうぞ!


【撮影Data】
アングラー: Y.S.様

タックル: ロッド ダイワ シルバークリーク-S 562ULFS
       リール   ダイワ トーナメントZ 1500
       ルアー  スティックベイト / ブラック
       ライン   ナイロン 5ポンド

撮影場所 : 千葉県 管理釣り場 トラウトポンド NOIKE
URL: http://noike2007.web.fc2.com/

釣果S-7


こちらの見事なレインボーは、

大きさが約55~60cm

ひれピンの見事なメスのレインボーです!!


Y.S.様が釣行された時の釣り場の水温は、

流れ込み付近で23.8℃、それ以外では24.3~25.2℃と

ここ最近の炎天で水温がかなり上昇しているようです (*@*!)


こちらのレインボーをヒットさせたのは流れ込みだそうで、

やはりこの時期は流れ込みが強いですね♪


しかし、このような過酷な状況下で

このサイズのひれピンをヒットさせるとはY.S.さんやりますね (^@^)♪


ちなみにルアーは、スティックベイトのブラック


スティックベイト-BL



これまでの実釣の傾向から推測するに、

ブラックカラーは大物がヒットする可能性がどうやら高いようですよ。


夕まずめは特にブラックはシルエットがくっきり出やすい色ですから、

釣果が出やすくなるのかもしれませんね。


オリジナルスプーン ラインナップ揃いました

オリジナルスプーンのカラーラインナップが揃いました♪

まずは写真からどうぞ (^^♪


【オリジナルカラー 5色】
スプーン3


【ベース色】
NO.1> 蛍光グリーン
NO.2> 蛍光オレンジ
NO.3> 蛍光レッド
NO.4> 蛍光ピンク
NO.5> 蛍光イエロー


カラーは上記のようなアクティブカラー5色を基本とし、

さらに迷彩柄を2パターン作製しました。



【迷彩パターン】
NO.1> カーキ&ブラウン

スプーン1



NO.2> シャインニングシルバー&グリーン

スプーン




裏面はすべてブラウンで統一してみました (^v^)

なぜブラウンが良いのか?

それは・・・個人的に一番無難な色でどこででも使える色と認識しているからです。

 ※ありきたりな回答ですみません (゜レ゜)


でも、ブラウンて本当に便利な色で、

クリアーからマッディーまでどんな水質にも合うんですよほんとに!!


市販品とはちょっと違った形状とカラーですので、

まわりの人とは一味違った釣行が楽しめますね♪


実釣試験の釣果はこちらからどうぞ (^^♪


[ PR ]
ブログランクング参戦中!! 応援お願いします(^^♪
ガンバレ !! ←ここをポチっとお願いします♪♪


スティックベイト カラーラインナップが揃いました

スティックベイトのカラーラインナップが揃いました♪

アクティブカラーの5色のラインナップ、早速ご覧ください (^ @^)/*


スティック-1


【カラー詳細】
NO.1> 蛍光レッド & ブラック
NO.2> 蛍光グリーン & ブラック
NO.3> 蛍光オレンジ & ブラック
NO.4> 蛍光イエロー & ブラック
NO.5> 蛍光ピンク & ブラック
※写真上からNO.1-NO.5の順で色を記載してあります。


今回の5本セットのカラーラインナップはアクティブカラーということで、

蛍光色で揃えてみました。

こうしてみるとやっぱり蛍光色は色鮮やかですねー・・・当たり前ですが(^◇^!)


私が実釣試験を行ってきた中で、

特にトラウトの反応が良かったのはピンクとイエローでしたよ(お気に入りです)。

もちろん、その他3色も釣果をきちんとあげることができていますけどね。


水質も茶色の濁りからクリアーまで試しましたが、

基本的にどの水質でも釣果がありましたが、

やはり濁りには膨張色のピンクとオレンジ、レッドが強い傾向があります。

また、クリアな水質にはイエローとグリーンが有効でしたね。


でも、ピンク色は基本的にどの水質でも安定しています。

バスフィッシングで使用されるワームのショッキングピンクが

自然の野池や湖で多用されるように、

管理釣り場でもピンク色が蛍光色の中で最も汎用性のあるカラーのようです。

スティック-2


自然界にはこのような色は存在しないのに、

なぜ魚たちは反応してくるのでしょうかね??

魚の目につきやすい色であり、好奇心を刺激しやすいのでしょうか(゜レ゜)



スティックベイトの一番の特徴はアタリが手元にダイレクトに伝わりやすいところ。

蛍光色でアピール度もあげてありますので、初心者の方でも使いやすいですよ♪

もちろん、ベテランの方でもド表層をトレースしたり、

時にはボトムに沈めてアクションさせてみたりといろいろ楽しめますよ。


実釣試験をやってきた中で一番感動したのは、

ミノ―のごとく軽くトゥイッチングを入れながら岩場をトレースした時に

岩魚が喰いついてきたこと。

管理釣り場とはいえ、岩魚にアタックしてもらえるとは感動でした。

ちなみにその時のカラーはピンク色でした。


5色揃ったアクティブカラー、今後の釣果に期待しています!!

スティックベイト釣果速報 第2弾です♪

先日ご紹介させていただきたY.S.様の釣果報告の続きです♪

写真は第2回の釣行で撮っていただいたもので、

スティックベイトのブラックでGETしたレインボーです(^ ^ )/


【撮影Data】
アングラー: Y.S.様
撮影場所 :千葉県 管理釣り場 トラウトポンド NOIKE
URL:http://noike2007.web.fc2.com/

釣果S-5


釣果S-6


ちょっとルアーのカラーがブラックなので見えにくいですが、

赤いフックがガッシリとフッキングされているのをご確認いただけると思います。

どうやらブラックは、比較的大物の反応がよいとのことで、

大物狙いのときに使ってみると面白いかもしれませんね(*^_^*)


実際に、ブラックはもともと早朝や夕刻の薄暗いときには、

ルアーのシルエットがハッキリと出やすい色とテスターの方から聞いたことがありますが、

もともと縦長のスティックベイトですので、シルエットが良い具合に出てくれるのかも知れませんね。


あとは、もちろんナチュラル系カラーですので、

トラウトがスレにくく、あまり警戒されない色であり

賢い大物も近づきやすいのかも知れません。


いずれにしても、このように釣果のご報告をいただけると

本当にうれしいです (^u^)


Y.S.様、またのご報告お待ちしておりまーす (^○^)/♪

釣果情報第一弾いただきました (^@^)/

こちらのサイトでご紹介させていただいております

スティックベイトですが、数人の方にパイロット販売させていただきました。

そして、購入者の方から釣果のご報告をいただきましたので、

記念すべき第一回釣果速報をさせていただきます。

まずは撮影していただいた写真をご紹介させていただきます(^ @^)/♪


【撮影Data】
アングラー: Y.S.様
撮影場所 :千葉県 管理釣り場 トラウトポンド NOIKE
URL:http://noike2007.web.fc2.com/

釣果S-1

薄皮一枚の見事なフッキング&ランディング!!

こういう掛の時って、ホントひやひやしますよね(@_@;)

釣果S-2

これは口元でがっしりフッキングされてます!!

試釣の時は上顎の先にフッキングされていることが殆どだったのですが、

見事サイドへのフッキングでGETされたようですね♪

釣果S-3

下顎にがっちり掛ってます!

上のピンクと同じく、写真で蛍光色の発色具合が良いことを確認していただけると思います。

ポンドの水質もアクティブカラーが効きそうな水質のようですね。

釣果S-4

こちらはブラックでGETした45cmのレインボーですね。

ルアーはランディング中に外れてしまったとのことですが、

いやいや見事なオスのレインボーですね!!


今回釣果写真をお送りいただいたY.S.様、誠にありがとうございました m(_ _)m

オリジナルのルアーで釣果をあげていただいた上に、

丁寧なコメントと写真をお送りいただけるとは、本当にうれしいです!!


今回ご使用いただいたご報告によると、ある程度の飛距離は確保することができ、

使いやすいルアーであるとの評価をいただくことができました♪♪

でも、もう少しウエイトを加えてあげるとより使い勝手が良いとのご意見もいただきました。

こちらのご意見は、今後の改良の参考にさせていただきます。

※現在、ウエイトアップVer.を作成中です!

Y.S.様、貴重なご意見どうもありがとうございました。


またコメントのみでも結構ですので、

釣行なさった際にはご連絡くださいね(*^_^*)

オリジナルスプーンの釣果速報

さっそく完成したスプーンをもって試釣を行ってきました( ^ @ ^ )/

いつも実釣試験に行くのは楽しみで、

特に第1投目は魚がどんな反応を示すのかドキドキしますね♪♪

天候は曇りで、ポンドの状態は笹にごり。

状況としては悪くないコンディションです!!

いつものパイロットルアー アルフレッド1.5g オリーブを投げ込み、

ポンドの様子をみます・・・

小さいですがアタリはまあまああるようで、カウント3の表層寄りが熱いようです。

早速本題のルアーをキャストし、カウント3で捲き始めました。

第1投目は空振り・・・・(. .!)

第2投目も同じく・・・(=@=!)

「やっぱり気持ち悪い柄が裏目にでたかな・・・」

っと思って投げた第3投目、

ガツンとしたアタリがあり、そのままファーストフィッシュGETしました1( ^ @^ )♪

この瞬間が本当に嬉しいんですよね♪♪

その時の写真がこちらです。

スプーン釣果-1


きれいに上顎にフッキングされていて満足のいく一匹でした( ^ ^ )/

その後も他のカラーを交えて実釣を続けましたが、

コンスタントにヒットが続きましたよ!

どうやらこの模様 "アリ" のようですね!!

スプーン釣果-2


スプーン釣果-3


ちなみに、裏面の色(ブラウン)はこんな色に仕上がっています。


スプーン釣果-3.5


また、後半になり魚のアタリが少なくなってきた頃に、

スプーンをボトムまで落としこんでボトムバンピングしたところ、

結構アタリがあり、あまりよい状況ではないなかボトムでの強さを見せてくれました!


表裏別色が良かったのか、表面の迷彩カラーがポイントとなったのか

まだイマイチ謎ですが・・・。

でも、スプーンの形状とカラーが釣果につながると確認できたので

今回のオリジナルスプーンも成功としましょう♪♪


オリジナルスプーン

管理釣り場でのメインルアーといえば、

やはりスプーンですよね。

現在は、様々な形状やカラーバリエーションが市販されており、

表層からボトムまで、ほとんどの状況に対応できてしまう程ですね。

でも、

「他の人が使っていないルアーをつくりたい・・・」

そんな気持でルアーメイキングに勤しんでいたところ、

ふと迷彩柄の模様が目に入りました。

迷彩柄のルアーはすでに存在はしていますが、

敢えてアクティブカラーの迷彩柄をつくったらどうだろう・・・??

と思い、ペイントしてみました。

それがこちらのスプーンです。


≪オリジナルスプーン 第一弾≫

スプーン-迷彩色PK


【左側】
基本色: 蛍光ピンク
迷彩色: カーキ&ブラウン
裏面色: ブラウン

【右側】
基本色: 蛍光ピンク
迷彩色: シャイニング・シルバー&グリーン
裏面色: ブラウン


形状はオーバル型、重量が約2.5Gのスプーンブランク。

カラーはアクティブカラーの迷彩色です。

「ちょっと気持ち悪いかも・・・」

と思いつつも計5色のカラーバリエーションで揃えてみました。

本日は、その内の迷彩ピンク、イエロー、グリーンをご紹介します♪♪

スプーン-1


【左側】
基本色: 蛍光グリーン
迷彩色: シャイニング・シルバー&グリーン / カーキ&ブラウン
裏面色: ブラウン

【右側】
基本色: 蛍光イエロー
迷彩色: シャイニング・シルバー&グリーン / カーキ&ブラウン
裏面色: ブラウン



スプーン-2



見た目はちょっと気持ち悪いですが、

スプーン自体の泳ぎはなかなかのもの。

完成後に早速実釣試験に行ってきたのですが、

これが意外な働きをしてくれました (*@*!)/

 →実釣試験の釣果はこちらへどうぞ♪♪

スティックベイト-ペレットの試釣報告

スティックベイト-ペレット の釣果速報です!!

この日の天気は曇り時々雨、コンディションとしてはあまり良くなかったです・・・。

できれば天気の時に試釣したかったのですが・・・。


まあ、雨のおかげで釣り場もあまり混んでいないし、

自由に釣りを楽しめるということで気を取り直して試釣を開始!!


まずは池の状況把握をするために、いつも使っているスプーン

アルフレッド1.5g オリーブ で魚の調子を確認してみます。


・・・反応がない・・・


どうやら雨のせいで水温が急激に変化してしまったらしく、

魚の追いがあまり良くない様子・・・


「試釣にきたのに、魚の反応が薄いとデータ取りにくいんだよな・・・」

と思いつつも早速新作ルアー(ピンク)をキャスト!!


飛距離は狙い通り十分で、ポンドの中央まで飛んでくれました。

飛ばしやすさに関してはまず合格[OK]


問題の魚の反応は・・・

最初は表層をトレースしますが、いまいち反応がない。


パイロットルアーで確認したように、この日は魚がボトムよりのようで

表層ではあまり反応がありませんでした。


そこで、着水後にカウント5でややボトムよりをトレースしてみると、

ヒットしてくれました!!


ペレット釣果-2


ペレット釣果-1



カウント3~5のタナがこの日は熱いようです。

続けて他のカラーでも試してみたところ、

釣果は順調でした(^ ^ )♪♪


ペレット釣果-3


ペレット釣果-4


ペレット釣果-5



特徴的なのは、7.5cmバージョンのスティックベイト同様に

重量のわりには飛距離を出しやすく、

ルアーにアクションを加えなくてもバイトを誘い易いといったところでしょうか。


やっぱりポンドの沖合をせめることができると本当に楽しい♪♪

遠投して魚をヒットさせることができたときって、なんて爽快なんでしょう♪♪


ルアーフィッシングの醍醐味を自分のルアーで楽しむことができて幸せな一日でした(^ @^)/

スティックベイト "ペレット Ver."

スティックベイトの派生版、 "ペレットバージョン" が完成しました(^ @^)♪

こちらのルアーのコンセプトは、ずばりポンドの真中でペレットパターンを実現させることです!


これまでペレット系のルアーは、スプーン系のものもプラグ系のものも

形状・カラーもペレットを意識したつくりで、ペレットを主食とする管理釣り場のお魚さん達には

非常に有効でしたよね♪


しかし、どうしても小さな形状のため飛距離が出にくい・・・

釣り場へ行くと平気で飛距離を出している上手な方もいますが、

やはり大半は難しい様子・・・


私の場合、やはりマイクロスプーンやプラグを遠投するのがどうも苦手で、

やっと駆け上がり付近まで飛んでいっても、見える範囲でのバンピングがいいところ・・・

なんかせこい釣りをしているような気がしてちょっと空しい気持ちになりますね。


小型のルアーはアピール度は劣るものの、やはりヒット率はかなり高い。

でも飛距離を出すのが難しいのでなかなか使いこなすのは至難の業です。


そんな時にいつも思うのが、

「ポンドの沖にマイクロスプーン(プラグ)を投げ込めたら

かなり熱いのになー・・・」

っていうことでした。


そこで、

「空気抵抗を受けにくく、かつ小型で飛距離の出るルアーは・・・」

と考案し生まれたのが今回取り上げたルアーです♪♪

そのルアーがこちらです(^ @ ^)/♪


ペレット-1


形状はスティックベイトと同じ円筒状の一体型、

重量は飛距離を出やすくした1.5gを選択、

カラーはトラウトが反応しやすいアクティブカラーと

スレにくいナチュラルカラーで揃えてみました。


カラーラインナップについては、現在も模索中・・・

写真は試作品でちょっと塗装が粗いですが、

試釣ではかなりの釣果を得ることができましたよ♪♪


※釣果については、こちらをご覧くださいね♪♪
 
  →スティックベイト ペレットVer.の試釣結果はこちらへ

スティックベイトの形状・素材について

「なぜスティック形状のものを選択したのか?」

・・・理由は単純で、トレースの際にルアーに動きが殆ど無いため

誰でも使いやすくてスレマスにも比較的効果のあるルアー形状だからです。

特に初心者の方にとっては、動きを出すためにロッド操作が必要なルアーは難しいですし、

私の経験上ですが、スレマスにはあまりアクションの無いルアーの方が有効と判断したからです。


また、素材に関しては色々と試作品を製作していく中で、

さまざまな面でアルミが一番良いということでアルミ素材としました。

真鍮やステンレスなんかも試してみましたが、

表層を遅捲きできることを勘案し色々と試してみたところ、

やはり比重の軽いアルミが一番でした。

しかし、アルミ素材は比重が軽いため飛距離を確保するために工夫が必要となります・・・


「飛距離が無いとルアーフィッシングの醍醐味である爽快感が味わえない・・・」

「重量を確保しようと長さを長くすると逆に空気抵抗が大きくなる・・・」

「一番良い長さはどのくらいだろうか??」


そんなこんなでいろいろと模索した結果、飛距離を出しやすい7.5cmに辿りつきました。

当初は

「長さはそんなに重要じゃないのでは??」

と思っていましたが、意外にジャストサイズを探すのに苦労しましたね。

試作途中で6cmのものを製作したのですが、

飛距離こそ短いものの、個人的には「表層トレースには最高?!」と思いました。

でも、誰でも使いやすいルアーをコンセプトとするならば、7.5cmが一番良いと思い

レギュラーサイズに決定しました♪


ルアーの重量は約1.5gで、棒状でキャスト時に空気抵抗を受けにくいので

意外に飛距離を稼ぐことができますよ!


現在こちらのルアーを使っていただいている方々から

「もうちょっとウエイト上げられないかな?」

との改善要求がきていますので、2gバージョンの製作に取り組んでいます。


ただ重くしただけだと、キャスト時のルアーのバランスが偏ってしまうし、

トレース時に表層を引きにくくなってしまう・・・


でも、良い方法を思いついたので現在トライ実施中です♪

なかなか良さそうな感じなのでイケると思います(^ ^ )♪

完成しましたらまた記事をアップしますのでご期待くださいね。


ちなみにトレース時のルアーの姿勢は次のような感じです。

スティックベイト泳ぎ方


ロッド先端を約45度に立ててリールを捲くと

写真のように表層をゆったりとトレースできます。

バイトした時はこんな感じです♪

バイトの瞬間


※ 決定的瞬間をとれて、このときはホントに嬉しかった。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。