Hand Made Lure


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサー広告】
この記事のURL: http://kstrout.blog17.fc2.com/?overture" target="_new
「スティックベイトとは?!」 2008/07/10(site:Trout@Fishing -釣り情報発信サイト-)

スティックベイト カラーラインナップが揃いました

スティックベイトのカラーラインナップが揃いました♪

アクティブカラーの5色のラインナップ、早速ご覧ください (^ @^)/*


スティック-1


【カラー詳細】
NO.1> 蛍光レッド & ブラック
NO.2> 蛍光グリーン & ブラック
NO.3> 蛍光オレンジ & ブラック
NO.4> 蛍光イエロー & ブラック
NO.5> 蛍光ピンク & ブラック
※写真上からNO.1-NO.5の順で色を記載してあります。


今回の5本セットのカラーラインナップはアクティブカラーということで、

蛍光色で揃えてみました。

こうしてみるとやっぱり蛍光色は色鮮やかですねー・・・当たり前ですが(^◇^!)


私が実釣試験を行ってきた中で、

特にトラウトの反応が良かったのはピンクとイエローでしたよ(お気に入りです)。

もちろん、その他3色も釣果をきちんとあげることができていますけどね。


水質も茶色の濁りからクリアーまで試しましたが、

基本的にどの水質でも釣果がありましたが、

やはり濁りには膨張色のピンクとオレンジ、レッドが強い傾向があります。

また、クリアな水質にはイエローとグリーンが有効でしたね。


でも、ピンク色は基本的にどの水質でも安定しています。

バスフィッシングで使用されるワームのショッキングピンクが

自然の野池や湖で多用されるように、

管理釣り場でもピンク色が蛍光色の中で最も汎用性のあるカラーのようです。

スティック-2


自然界にはこのような色は存在しないのに、

なぜ魚たちは反応してくるのでしょうかね??

魚の目につきやすい色であり、好奇心を刺激しやすいのでしょうか(゜レ゜)



スティックベイトの一番の特徴はアタリが手元にダイレクトに伝わりやすいところ。

蛍光色でアピール度もあげてありますので、初心者の方でも使いやすいですよ♪

もちろん、ベテランの方でもド表層をトレースしたり、

時にはボトムに沈めてアクションさせてみたりといろいろ楽しめますよ。


実釣試験をやってきた中で一番感動したのは、

ミノ―のごとく軽くトゥイッチングを入れながら岩場をトレースした時に

岩魚が喰いついてきたこと。

管理釣り場とはいえ、岩魚にアタックしてもらえるとは感動でした。

ちなみにその時のカラーはピンク色でした。


5色揃ったアクティブカラー、今後の釣果に期待しています!!
スポンサーサイト
【スティックベイト】
この記事のURL: http://kstrout.blog17.fc2.com/blog-entry-11.html
トラックバックURL: http://kstrout.blog17.fc2.com/tb.php/11-e9e6cf1d
「スティックベイトとは?!」 2008/07/10(site:Trout@Fishing -釣り情報発信サイト-)
コメントがありましたらどうぞ
なまえ:
メール:

PASS:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。