Hand Made Lure


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【スポンサー広告】
この記事のURL: http://kstrout.blog17.fc2.com/?overture" target="_new

スティックベイトの形状・素材について

「なぜスティック形状のものを選択したのか?」

・・・理由は単純で、トレースの際にルアーに動きが殆ど無いため

誰でも使いやすくてスレマスにも比較的効果のあるルアー形状だからです。

特に初心者の方にとっては、動きを出すためにロッド操作が必要なルアーは難しいですし、

私の経験上ですが、スレマスにはあまりアクションの無いルアーの方が有効と判断したからです。


また、素材に関しては色々と試作品を製作していく中で、

さまざまな面でアルミが一番良いということでアルミ素材としました。

真鍮やステンレスなんかも試してみましたが、

表層を遅捲きできることを勘案し色々と試してみたところ、

やはり比重の軽いアルミが一番でした。

しかし、アルミ素材は比重が軽いため飛距離を確保するために工夫が必要となります・・・


「飛距離が無いとルアーフィッシングの醍醐味である爽快感が味わえない・・・」

「重量を確保しようと長さを長くすると逆に空気抵抗が大きくなる・・・」

「一番良い長さはどのくらいだろうか??」


そんなこんなでいろいろと模索した結果、飛距離を出しやすい7.5cmに辿りつきました。

当初は

「長さはそんなに重要じゃないのでは??」

と思っていましたが、意外にジャストサイズを探すのに苦労しましたね。

試作途中で6cmのものを製作したのですが、

飛距離こそ短いものの、個人的には「表層トレースには最高?!」と思いました。

でも、誰でも使いやすいルアーをコンセプトとするならば、7.5cmが一番良いと思い

レギュラーサイズに決定しました♪


ルアーの重量は約1.5gで、棒状でキャスト時に空気抵抗を受けにくいので

意外に飛距離を稼ぐことができますよ!


現在こちらのルアーを使っていただいている方々から

「もうちょっとウエイト上げられないかな?」

との改善要求がきていますので、2gバージョンの製作に取り組んでいます。


ただ重くしただけだと、キャスト時のルアーのバランスが偏ってしまうし、

トレース時に表層を引きにくくなってしまう・・・


でも、良い方法を思いついたので現在トライ実施中です♪

なかなか良さそうな感じなのでイケると思います(^ ^ )♪

完成しましたらまた記事をアップしますのでご期待くださいね。


ちなみにトレース時のルアーの姿勢は次のような感じです。

スティックベイト泳ぎ方


ロッド先端を約45度に立ててリールを捲くと

写真のように表層をゆったりとトレースできます。

バイトした時はこんな感じです♪

バイトの瞬間


※ 決定的瞬間をとれて、このときはホントに嬉しかった。

スポンサーサイト
【スティックベイト】
FC2テーマ:釣り・フィッシング (スポーツ)
この記事のURL: http://kstrout.blog17.fc2.com/blog-entry-4.html
トラックバックURL: http://kstrout.blog17.fc2.com/tb.php/4-4bd72174
コメントがありましたらどうぞ
なまえ:
メール:

PASS:


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。