Hand Made Lure


ペレットX

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スティックベイト-フローティング・ペレット

先日ご紹介しました

スティックベイト-フローティング・ペレットの試釣報告です(^^♪


【スティックベイト-フローティング・ペレット】
ペレット-フローティング


ペレット-フローティング-2

【サイズ/重量/特徴】
★サイズはすべて全長約3cm(フックは含まず)
★★重量は上から順番に0.9g、0.85g、0.8gと軽量設定
★★★浮くペレットを模したルアーとするためフローティング・ルアーとなっており
     形状もキャスト時の空気抵抗を受けにくくするため平面を少なくした



長野県の鹿島槍ガーデンと

群馬県の尾瀬フィッシングライブ

にて試釣を行ってきました。



どちらの釣り場も非常に良型のマスがそろっており

相手にとって不足なし(・へ・)



新型ルアーの釣果に期待し実釣スタート!!



鹿島槍ガーデンのポンド状況は

水質・水温ともに申し分なし!

非常に良いコンディションの中での実釣となりました。


スティックベイト-フローティング・ペレットの特徴は

とにかく表層にぷかぷかと浮いてくれること


基本的に魚類は水面に浮いているものに

非常に強い興味をもってくれる性質があるため

反応は良好でした。


 ⇒釣果速報はこちらでチェック (^^♪




一方、尾瀬フィッシングライブでは

水質はやや笹にごり、水温ちょっと高めでした。


同じく実釣してみたところ

水面にこそぷかぷか浮いてくれましたが



反応鈍し…



ポンド状況があまり良くなかったのもありますが

ちょっと残念な結果でした(@_@;)



まあ、何はともあれ

今回の新作ルアーの最大の課題である



①小型のルアーで

②飛距離は1.5g程度のルアーと同等で

③水面にきちんと浮くこと



の3つの達成目標は達成することができました(*^_^*)


あとは形状の改良と

カラーバリエーションをそろえれば

釣果を期待できるルアーとなってくれること間違いなしでしょうね(^^♪



また、鹿島槍ガーデンでは

ルアーの動きをあげてアピール力をアップさせるために

連結バージョンにトライ!!

これが結構おもしろいルアーになったんですよ・・・



【スティックベイト-フローティング・ペレット連結】
ペレット-フローティング-連結



釣果ありでしたよ (^◇^)♪


⇒釣果の詳細については釣果速報




*********************************************

釣り情報満載の釣りブログ村に参加しています。
釣り情報をお探しの方は見てみてくださいね (^@^)♪

ここをポチっとどうぞ !(^^)!
      ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

**********************************************




[ PR ]
ブログランクング参戦中!! 応援お願いします(^^♪
FC2 Blog Ranking←ここをポチっとお願いします♪♪




新作ルアー情報 第2段

先日ご紹介した新作ルアーに続き、

本日も第2段をご紹介したいと思います♪


先日は夏の時期に大活躍してくれる

トップゲーム用のスティックベイトでしたが、

本日はペレット系トップルアーのご紹介です。


以前ご紹介したスティックベイト-ペレット

どちらかというとボトム向きのルアーです


これに対し、本日ご紹介するルアーは

完全ド表層をねちっこく狙うためのルアーとなっています♪


まずは写真からどうぞ (^ 0^)/


ペレット-0.7g


こちらがスティックベイト-ペレットのトップVer.

動き確認用の試作品のため

重量は0.7gと軽めになっていますが、

今後改良していく予定です。


こちらのルアーの特徴は、

ペレットを意識した造りとなっていますので、

沈下スピードが非常にゆっくりなところです。



現段階の試作品を先日ポンドで試してみたところ、

沈下スピードは狙い通り非常に遅く、

また、驚いたのは飛距離が軽量の割にでたことなんです!



通常、1gを切るマイクロルアーだと、

駆け上がり近辺にキャストできればよしという感じですが、

今回のルアーは、1.5g程度のルアーと同等の飛距離をだせることがわかりました。


・・・正直予想外で驚きました・・・


その要因はやはりルアーの形状にあるんでしょうね。

他のタイプのスティックベイトもそうですが、

空気抵抗を受けにくい形状らしく、

キャストに際して重量の割にストレス無く飛距離を出しやすい

という特徴があります。


釣り場のオーナーやお客さんからもそんなお声をいただいていますので、

それは間違いないようです♪


そして、気になる水面での動きは、

水面にほぼ浮いている状態でただ捲きをすると

意外に不規則な動きをしてくれます。


さらに、軽くトゥイッチングをいれると

軽く浮いたり沈んだりを繰り返しながら、

左右におかしな動きをしてくれます。


なんか見ていて楽しい動きなんですよね♪


今後はより改良を加えて、

飛距離と動きに磨きをかけたいと思っています!


実釣報告の準備ができましたら

また写真と共に釣果をご紹介しますので、

お楽しみにしていてくださいね(^ @^)/♪


それでは本日はこの辺で・・・



*************************************

釣り情報満載の釣りブログ村に参加しています。
釣り情報をお探しの方は見てみてくださいね (^@^)♪

ここをポチっとどうぞ !(^^)!
      ↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

**************************************



[ PR ]
ブログランクング参戦中!! 応援お願いします(^^♪
FC2 Blog Ranking←ここをポチっとお願いします♪♪

スティックベイト-ペレットのカラーバリエーションが揃いました

スティックベイト-ペレットのカラーバリエーションが揃いました♪

今回採用したのは、トライアルで釣果の高かった

蛍光色をメインとしたアクティブカラーのラインナップです。


まずは写真をごらんください (^ ^)/~~~

スティックベイト-ペレット


カラーは左側から


・ 蛍光グリーン&クラウン

・ 蛍光レッド&ブラウン

・ 蛍光ピンク&ブラウン

・ 蛍光イエロー&ブラウン

・ 蛍光オレンジ&ブラウン


の計5色のラインナップです!!


こちらのルアーの使用方法は、

重量が1.5gでかなり飛距離が出やすくなっていますので、

やっぱり沖合めがけてフルキャストしていただきたいですね。


そして、捲きでヒットさせるというよりも

沈下速度が速いためボトムに一旦沈めてから

ゆっくりと捲きながらチョンチョンと若干のアクションを加えて

いただければよいと思います。


こちらのルアーには、リップが付いていないため、

アクションを加えるとかなり不規則な動きをします。

これがトラウトの興味を引くらしく、

特に駆け上がり付近に差し掛かったところでの

アタリが多かったです。


しかし、よりペレットを意識させるのであれば、

もっと沈下スピードを遅くしないといけないかもしれません・・・

当面はそれが改良の課題となりそうです (* *!)


まあ、今回の最大の目的は小型のルアーを遠投できるようにすることでしたし、

ボトムでの釣りに大いに活用できますので、

まずは目標達成というところでしょうかね。


今後は、表層をターゲットとしたペレットタイプのルアー製作にも

トライしてみたいと思います♪

スティックベイト "ペレット Ver."

スティックベイトの派生版、 "ペレットバージョン" が完成しました(^ @^)♪

こちらのルアーのコンセプトは、ずばりポンドの真中でペレットパターンを実現させることです!


これまでペレット系のルアーは、スプーン系のものもプラグ系のものも

形状・カラーもペレットを意識したつくりで、ペレットを主食とする管理釣り場のお魚さん達には

非常に有効でしたよね♪


しかし、どうしても小さな形状のため飛距離が出にくい・・・

釣り場へ行くと平気で飛距離を出している上手な方もいますが、

やはり大半は難しい様子・・・


私の場合、やはりマイクロスプーンやプラグを遠投するのがどうも苦手で、

やっと駆け上がり付近まで飛んでいっても、見える範囲でのバンピングがいいところ・・・

なんかせこい釣りをしているような気がしてちょっと空しい気持ちになりますね。


小型のルアーはアピール度は劣るものの、やはりヒット率はかなり高い。

でも飛距離を出すのが難しいのでなかなか使いこなすのは至難の業です。


そんな時にいつも思うのが、

「ポンドの沖にマイクロスプーン(プラグ)を投げ込めたら

かなり熱いのになー・・・」

っていうことでした。


そこで、

「空気抵抗を受けにくく、かつ小型で飛距離の出るルアーは・・・」

と考案し生まれたのが今回取り上げたルアーです♪♪

そのルアーがこちらです(^ @ ^)/♪


ペレット-1


形状はスティックベイトと同じ円筒状の一体型、

重量は飛距離を出やすくした1.5gを選択、

カラーはトラウトが反応しやすいアクティブカラーと

スレにくいナチュラルカラーで揃えてみました。


カラーラインナップについては、現在も模索中・・・

写真は試作品でちょっと塗装が粗いですが、

試釣ではかなりの釣果を得ることができましたよ♪♪


※釣果については、こちらをご覧くださいね♪♪
 
  →スティックベイト ペレットVer.の試釣結果はこちらへ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。